南海トラフ地震警戒情報

宮古島北西沖で連続的に中規模地震が発生!マグマの影響か?
地震による被害は「揺れ」だけじゃない!断層のずれによる被害とは?
地震ハザードマップはどのようにして揺れの確率を予測しているのか?
地震本部による地震発生確率の求め方!数%以下でも危険な理由とは?
巨大地震がいつ起きてもおかしくない?日本の長大活断層「糸静線」
活断層研究から地震の規模,発生時期を予測する。
人工地震波による活断層調査とは?活断層はどこまで解明されたのか?
防災にも役立つ,地震の種類と規模を体感で測る方法!
日本でも文明が滅びるほどの巨大噴火がいつ起きてもおかしくない!
白頭山の巨大噴火前後に南海トラフ地震が誘発される可能性がある
日本の脅威は地震だけではない!巨大噴火のリスク!
日本列島は火山国 大噴火期に入った桜島
2016年に起こった熊本地震と南海トラフとの関係は?
前代未聞の直下型地震 中央構造線の延長
南海トラフ巨大地震は20年以内には確実に発生する。具体的な発生時期はいつなのか?
南海トラフ巨大地震の被害想定 南海トラフ巨大地震が起きるのは何年後なのか?
実は,3.11東日本大震災は日本列島全体に大きな影響を与えていた!
東日本大震災は日本列島全体にとっての大事件 東北地方太平洋沖地震はどのようにして起きたのか?
実は,過去最大の「大量絶滅」の最大の原因は火山活動だった
大量絶滅はなぜ起きたのか? 最大の原因は超巨大噴火
地学を大きく変えた「プルーム・テクトニクス」とは?
地震波で地球内部を見る #
プレート説によって明らかになった,火山の成り立ちと噴火活動
火山活動とは? マグマとは? 火
地球科学の革命と呼ばれた「プレート・テクトニクス」
プレート説による地球科学の革命 プレートはどのように移動しているのか?
プレート・テクトニクス誕生までのプロセス
海洋底拡大説 海洋底拡大説の新たな証拠
南海トラフ地震発生帯掘削計画 巨大地震は誘発されるのか?
プレート境界を掘削する目的は? 現在の状況は?
一枚の世界地図が地球科学を大きく変えた「大陸移動説」
すべての大陸は元々一つだった? きっかけは世界地図
地震や火山噴火の防災にも重要な「斉一説」と「激変説」
なぜ山頂で海の生物の化石が見つかるのか? 地球の年齢
「地質学」地層から歴史を読みとる
地球の地質 地層累重の法則
地球の形と大きさはどのようにしてわかったのか?
知識のみで地球は球形であると結論づけた 地球の大きさはどのように知ったのか? &l
「地学の基礎知識」地球と太陽の関係と人間の時間
地球の公転と自転 1年の長さも地球と太陽の関係によって決まっている
熊本地方でM4.4(震度5弱),岩手沖でM5.7(震度4)の地震発生
熊本県熊本地方で震度5弱(M4.4) 岩手県沖で震度4の地震発生(M5.7)
非常電源設備の目的と電力供給範囲を把握しておく
非常電源設備 ①非常電源
首都直下地震発生時の膨大な数の負傷者,避難者に対応しきれるのか?
警察や消防は対応しきれるのか? 消防吏員はさらに少数
首都直下地震の道路事情 東日本大震災でも実現できなかった道路規制
道路規制 政府の被害想定
大規模災害による通信規制 唯一連絡を取り合う方法
大量通信による基地局の停止 唯一生き残る通信機器
近畿地方で続く異常について 3ヶ月程度中規模以上の地震活動に注意
大坂~京都などで気になる変動が見られました。 万が一、地震発生に対応する変動であった場合、中規模以上の地震となる可能性があります。 また、範囲の特定は難しいため、近畿一帯を調査対象としました。
首都直下型地震発生後,1週間で52%の電力復旧は困難
電源喪失の最悪のケース すべての発電所が海に面している
首都直下型地震が想定外にならない為に 国の被害想定で不足している事態
首都直下型地震が想定外にならないために 国は最悪の事態を想定しているとは限らない&l
地震保険の鑑定手順と保険金がでるまでの流れ
保険金がでるまでの流れ 鑑定人ってどんな人?
地震保険はほぼ確実に元がとれる。加入すべき理由
全国の半分以下が未加入 地震に対する公的支援
地震保険の保険料と補償されないモノ
所在地や構造によって変わる 地震保険料を安くする方法
地震保険は建物,家財に対していくら支払われるのか?
政府が関与する 火災保険に加入していることが大前提
県庁所在地別,今後震度6弱以上の大地震に襲われる確率
地域別30年以内に震度6弱以上に襲われる確率 全国地震動予測地図(2018年版)
地震や津波による損害を補償する「地震保険」
地震保険とは? 地震保険の特徴
政府は東海地震を予知できるのか?どのような情報が国民に発信されるのか?
日本の国土面積は、世界の陸地面積の0.25%しかないのにも関わらず、世界で起こるM6以上の地震の約20%以上が日本で起こっています。 政府はこれまで、全国の地盤、活断層、その歴史や統計をまとめ、「全国地震予測地図」を改訂を重ねつつ発表していますが、そうした研究を維持しているのは日本だけ
南海トラフ巨大地震でも活躍が期待される「衛星電話」と「GPS」
通信の復旧 唯一被害を受けなかった衛星電話
経済活動における地震・津波の恐ろしさ
地震・津波は建物や土地、またそこに付随する設備など、あらゆる固定資産がダメージを与えます。 一定期間操業できなくなれば、企業の売り上げはその分減ります。 災害の規模によっては商品を出荷できなくなったり、交通事情の悪化で輸送に大幅な遅延が生じたりします。 その間に、別地域の同業者に仕事をとられてし
九州最大の津波が襲う宮崎県の絶望的な光景
九州最大の津波被害 宮崎県での津波痕跡調査(2010年)
日向灘南部沖と南海トラフ巨大地震の連動で想定外の被害に
日向灘の歴史 巨大津波の痕跡
東日本大震災によって大きく変わった被害想定 伊方原発は安全なのか?
愛媛県の被害想定 伊方原子力発電所は安全なのか?
高知県で想定34メートルの巨大津波 全国的に救援活動はほぼ困難に
34メートルの大津波 高知県はほぼ壊滅状態?
沖縄~九州で相次ぐ地震について 種子島近海(M6.4) 奄美大島近海(4.4)
昨日1月8日の21時半頃、種子島近海でマグニチュード6.4の大規模地震が発生しました。 多少の海面変動はあったものの、津波被害にも至らず、内陸での揺れも最大震度4と地震の規模に対しては小さく済んだことが幸いで現在のところ目立った被害の報告はありません。
香川でも津波による甚大な被害を受ける可能性が高い。
津波は予測不能 香川県の津波被害 &
汚染・液状化・地下浸水 南海トラフ巨大地震による大阪府の甚大な被害予想
「大地震両川口津浪記」に書かれた安政南海地震の他にも、大阪は1361年の正平地震でも大津波に襲われたことがあります。 「太平記」や「斑鳩嘉元記」などによると、地震からおよそ一時間で津波が襲ってきたとされています。 その津波は当時海から5キロ離れ、標高20メートルの
大阪の恐ろしい様子が鮮明に浮かぶ安政南海地震の記録
大阪市大正区の木津川、大正橋のそばに建つ石碑には「大地震両川口津浪記」と題した文章が刻まれています。 碑文の最後にも記されている通り、私たちは伝えていかなくてはなりません。 そこで私はこの碑文を現代語に略し、読みやすくまとめ